七森酒店の『七氏ブログ』
nanawine.exblog.jp
日々のワイン日記&ワイン会の記録を綴っています
by opus77
プロフィールを見る
画像一覧
Top
祖母の生まれ年ワイン
2年前に祖母の米寿を祝って1920ベイシュヴェルを
開けて以来の戦前ワインを飲んできました。

前回も大雪が降っていたことを思い出しますが、
今年も前日は雪で心配しました。
幸い気温が高めだったので積もることはなく一安心。全くリコルクをしてない様子だったので、
今回もいこま亭マスターのお力を借りることに。
b0075625_2119754.jpg
b0075625_21213971.jpg
b0075625_21232424.jpg
まず手始めに白ワインということでおすすめされた中から
ルーウィン・エステートのアートラベル・シャルドネ96をチョイス。
ゴールドを通り越してやや琥珀に近づきつつある色調。
紅茶、きのこ、ナッツ、乳製品、ドライフルーツのような
様々な香り。果実味はしっかり、力もあり熟成ピークの味わいでした。
b0075625_21233744.jpg
料理も美味しい物ばかりで大満足♪
b0075625_21243122.jpg
b0075625_2124526.jpg
いよいよメインのシャトー バタイエ1920登場です。
コルクは一番上の部分と半分下がかなり脆い状態で抜栓に苦労
されましたが、さすがにマスター下に落とすことなく抜栓に成功。

2年前のベイシュヴェルに比べるとかなり熟成が進んでおり
厳しい状態でしたが、果実は辛うじて残っており現代のボルドーなら
60-70年代の平凡なヴィンテージのものと言われても分からないくらいの印象。
抜栓後も急激には変化を見せず老獪な良いクラレットでした。
b0075625_2133357.jpg

[PR]
by opus77 | 2011-02-12 10:00 | 外での食事
<< 葡萄の苗付けボランティア@リュ... PageTop 深夜のワイン会 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Vino Rosso Skin by Sun&Moon