七森酒店の『七氏ブログ』
nanawine.exblog.jp
日々のワイン日記&ワイン会の記録を綴っています
by opus77
プロフィールを見る
画像一覧
Top
夏に飲む赤ワインの楽しみ方
こんばんは、店長です。
美濃加茂市は一日中曇り模様でした。
気温はそれなりでちょっとムシっとした
一日となりました。

室温は20度を超えたくらいでしょうか。
こんな季節に赤ワインを飲もうと
キッチンに無造作に置いてあるワインを
飲んで妙に甘みや酸味が強く感じることは
無いでしょうか?

赤ワインは室温で飲むということが
語られますが、室温と言えども
この時期から日本の室温は赤ワインを
美味しく飲む温度よりも高くなりがちです。

渋みはさほど温度の影響を受けませんが
酸味は温度の上昇によって強く感じる
要素のひとつです。

軽めの赤ワインで14-16℃
重めななら16-18℃などと言われますが
室温が高くなりがちなこの季節は
ワインセラーを持っていないと
なかなか適温で飲むことは難しいです。

床下収納があればこの時期なら適温で
楽しむこともできますがそれも一杯な
場合は冷蔵庫の野菜室に入れておく
という手もあります。

通常の冷蔵室に入れっぱなしだと
冷えすぎてしまうため飲み頃の
温度になるまでに時間がかかり過ぎてしまいます。
(5℃を切ると味わいが感じられなくなります)

野菜室に置いておいて飲む30分前に
テーブルなどに出しておくと
ちょっと冷え気味ですがグラスに注ぐことで
適温に近づいてきます。

1杯めは酸や渋みを強く感じることが
ありますが温度の上昇によってそれ以降は
本来の味わいを楽しむことができます。

注意点は一本ずつ入れることです。
野菜室を占領してしまっては家族から
苦情が出ること必死なのでお気をつけください(笑)
[PR]
by opus77 | 2013-06-01 21:48 | ワインあれもこれも日記
<< 世代交代 PageTop ほくほくそら豆 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Vino Rosso Skin by Sun&Moon