七森酒店の『七氏ブログ』
nanawine.exblog.jp
日々のワイン日記&ワイン会の記録を綴っています
by opus77
プロフィールを見る
画像一覧
Top
雨か灌漑か
b0075625_13592851.jpg
こんばんは、店長です。
今日は局地的に夕立のような
天候で落雷により停電して
信号が止まったりと荒れ気味の
一日となりました。


雨は葡萄栽培にとって
恩恵と被害の両面性を持っています。

雨が多すぎる場合は病害が発生しやすく
日照量が足らなくなり果実が十分に
熟さなくなりますし
最悪の場合は洪水で収穫量が激減します。

反面あまりに雨が降らない年は
結実不良による「花流れ」が起こり
収穫量が激減したり、葉が枯れ
光合成が停止して果実の糖度が
上がらないまま収穫されたりします。

このような問題があるにもかかわらず
現在でも多くの国でワイン法によって
灌漑による人為的な水分補給が
禁止されています。

それは葡萄が過剰生産物となっている
ためで、大量生産を目的としない
優秀な小規模生産者の障壁のひとつと
なっています。

灌漑を認めることで大規模生産者の
生産性が高まり収穫量が水増しされ
安価で大量のワインが出まわることが
予想されますが、現代はグローバルな
マーケットで競争が行われているため
ただ単に伝統的な国で造られたという
だけでは比較優位性に乏しく
売上を伸ばすことは出来ません。

今後徐々に規制は緩和されていき
更に安定的な収穫量を確保できる
施策がとられることを望みます。
[PR]
by opus77 | 2013-06-07 21:58 | ワインあれもこれも日記
<< 亀梨くんをお好きな方も、幕の内... PageTop プレマチュア・オキシデーション >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Vino Rosso Skin by Sun&Moon