七森酒店の『七氏ブログ』
nanawine.exblog.jp
日々のワイン日記&ワイン会の記録を綴っています
by opus77
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Top
ジャズに名曲なし
ジャズに名曲なし、名演あるのみ
という名言がありますが、これは
ワインの世界にも当てはまります。
b0075625_19442296.jpg


一日に同じワインを2本同時に開ける
なんて事は、通常あまりないですよね。
私(尚子)が毎月参加している地元の
ワイン会では、いつも同じワインが
2本づつ抜栓されます。

このワイン会でよく言われるのが

『1本目より、2本目の方が美味しい』

というコメント。


私も飲んでみると、特にボルドーや
カリフォルニアのような強い赤ワイン
だと1本目より2本目の方が、まろやかに
飲めることが多いように感じました。

私が思うのは

1)1本目を飲んで口の中が、慣れている
2)温度の上昇と空気にふれることに
 よって味わい・香りがまろやかになっている

のではと思います。


ワイン用語で「ボトルヴァリエーション」
という言葉がありますが、これは全く同じ
ワインであるにもかかわらず、ボトルに
よって色調・香り・味わいに微妙に差が
生じている事を意味します。

このボトルヴァリエーションは、ワイン
研究の中でも最大のミステリーの一つと
言われています。


店長は、瓶に詰められてからの期間と
ボトルヴァリエーションの違いは
比例関係にあると言っています。

その原因には
『後天的要因(輸送手段・保管状態)』と
『先天的要因(瓶詰め時の手法よるもの)』

があります。

明日に続きます。
by opus77 | 2012-10-12 19:44 | ワインあれもこれも日記
<< 海面以下か、上か PageTop 元菓子職人の造るワイン >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Vino Rosso Skin by Sun&Moon