七森酒店の『七氏ブログ』
nanawine.exblog.jp
日々のワイン日記&ワイン会の記録を綴っています
by opus77
プロフィールを見る
画像一覧
Top
牡蠣とワイン その2
こんばんは、店長です。
すっかり暖かくなって来ましたね。
春分の日は当店の定休日が祝日という
一年に一度あるかという日なので
子どもたちと一緒に山登りに出掛けようと
企画しています。

さて、昨日の続きです。

なぜ牡蠣にシャブリが合うのかというと
シャブリの土壌が昔、海底だったため
貝殻などの石灰質が多く含まれるから
などと言われていますが、より重要なのは
シャブリは樽を使わずに造られる場合が
多いことだと考えられます。

樽を感じさせるワインはマロラクティック
発酵が起こるため牡蠣の美味しさを
引き立てるリンゴ酸が少なくなります。
そのため牡蠣の生臭さを際立てることがあります。

というわけで生牡蠣にはシャブリを合わせる
と言うことは一概には当てはまらず
樽を使用しておらず、ミネラルを感じさせる
クリーンな辛口タイプなら産地をさほど
問わずにリースリングでもミュスカデでも
合わせることができると言えます。

我が家の定番はピクプールという南仏の白ワイン
この地の眼前に広がるトー湖は牡蠣の名産地
として知られているだけあって、牡蠣はもちろんのこと
あらゆる魚介類と相性抜群なのです。

今日も牡蠣を昼晩とお腹いっぱい食べました。
もう季節が過ぎつつあるので次は来年の
楽しみですかね。
[PR]
by opus77 | 2013-03-18 22:52 | ワインあれもこれも日記
<< さくら咲くワイン会レポート PageTop 牡蠣とワイン その1 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Vino Rosso Skin by Sun&Moon